華の都パリで高校留学

subpage-img

国際連合の公用語にも採用され約50カ国以上、3億2千万人以上の世界の人たちが使用している言語がフランス語です。

EU(欧州連合)の本部が置かれるブリュッセルが首都のベルギー、世界有数の観光立国のスイス、カナダのケベック州、多くのアフリカ諸国の公用語がフランス語です。
また、フランス語を話すベトナムなど東南アジアの有識者の人たちもよく見かけます。
日本の大学でも第二外国語でフランス語を選択する学生が、多いことで知られています。また、日本各地の大学でフランス語学科がありますので、受験にも活用できます。

留学の正しい情報はこちらです。

そこで、フランス語の高校留学でパリをおすすめします。

パリは言わずと知れた世界でもっとも人気のある観光地のひとつで、華の都と言われています。


人口約225万人を擁するフランスの首都で、2016(平成28)年に発表された「世界の都市総合力ランキング」では第4位の評価を受け、洗練された街並みやフランス料理、有名な美術館やお洒落なカフェなどが市内に点在し魅力が付きません。

一流のエキサイトニュース情報の理解したいならこちらのサイトです。

ホテルや星付きのレストランといったサービス業に携わっている人たちは英語を話しますが、一般的なパリのひとはフランス語を重要視します。
パリでの高校留学は、フランス語に染まりやすく環境もとても良いです。


メトロと呼ばれる地下鉄は、終電駅名が路線名となっていて世界的にみてもとても解りやすいシステムになっています。

食事では、各国の料理のレストランも充実しているので安心です。



休日は各国の留学生と一緒に世界三大美術館のひとつに挙げられるルーブル、印象派の有名な画家の作品が多く展示されているオルセー、モネの『睡蓮』の連作が美しいオランジュリーなど美術館めぐりをするのも良いですね。夏休みを使った2週間ほどから一年間の長期のコースにありますので、自身の目的に合わせて選べます。機会があれば、是非パリでの高校留学を検討されてみてください。

top