インプラント治療という選択

バナー

インプラント治療という選択

  

近年まで虫歯や歯周病、事故などで歯を失ったら入れ歯、ブリッジという治療が一般的でした。
もちろん現在でもそれらは取り入れられています。

ただ、入れ歯は手間や見た目という点でデメリットがあり、ブリッジは隣の健康な歯を削らなければならないというデメリットがあります。

そこで、インプラントという第3の選択肢も視野に入ってくるでしょう。

インプラントは歯根にあたる部分をチタン(人工歯根)で代用し、顎の骨に埋め込む治療です。


快適性、利便性、審美性にすぐれ、他の歯を削らなくていいというメリットがあります。ただ、もちろんどんな治療法もデメリットやリスクがないわけではありません。インプラントは手術によって治療しますので、病院や医師選びは非常に重要になってきます。

メリットだけを聞いてすぐ決めるのではなく、デメリット、リスクをじゅうぶん照らしあわせたうえで慎重に選択することが大切です。

livedoorニュース情報収集ができます。

そして、少しでも自身が納得できないことがあるのであれば、治療を受けないほうが賢明です。

インプラントは基本的に半永久的にもつといわれていますが、治療後のケアやメンテナンスによって変わってきます。



本体のチタンの劣化が原因ではなく、患者の日ごろのプラークコントロールや生活習慣が、その後のインプラントの寿命に大きくかかわってくるといわれます。

評価の高い歯医者の料金で快適な暮らしを実現しましょう。

できるだけ長くもたせるためにも半年に一回ほどの定期的な健診をし、歯磨きを正しくおこなうことが大切です。